三毛猫のあずきとお世話係のねぇや+とりまきのお話。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ねぇや
 
[スポンサー広告
あずきとねぇやのなれそめ。~番外編~
本編の記事
→あずきとねぇやのなれそめ。~2004年6月23日のこと~
→あずきとねぇやのなれそめ。~2004年6月24日のこと~
→あずきとねぇやのなれそめ。~2004年6月25・26日のこと~
→あずきとねぇやのなれそめ。~2004年7月2・3・4日のこと~


あずきとねぇやのなれそめ。の番外編になります。

あずきと出会う1年近く前のお話です。

本編にも書きましたが、父はネコが嫌いです。
昔、一緒に暮らしていた鳥がネコに襲われてから嫌いになったそうです。

そんな父と、あるコネコのちょっと悲しいお話です。

2003ねん7がつ

ある日、父が勤めている会社の近くで、コネコがひとりで泣いていたそうです。
ハハネコとはぐれたようでずっと長いこと泣いていたそうです。

ネコが嫌いな父ですが、もともと動物好きな人間です。
悩んだ末、会社に連れ来てごはんをあげるようになりました。
(父が勤めているところは、倉庫で、その倉庫は基本的に父がひとりで管理しています。)
家から近いので休みの日もごはんをあげに会社に行っていました。
わたしが実家に帰ったときは、そのコネコに会いに行きました。

父はそのコネコの名前を、『しらみ』と名付けました。
虫の『しらみ』がいるんじゃないかってことで、そう名付けたそうです。
意地悪な気持ちじゃなく、父はそういう人なんです。

『しらみ』と愛情をこめて呼んでいました。
しらみちゃんも父にとても心を許していました。

しらみちゃん☆_090530

家から会社が近いということで、母は毎日のようにわんこの散歩時に
しらみちゃんに会いに父の会社へ行っていました。
わんこたちは父になついているしらみちゃんが気に入らないようでしたが、
しらみちゃんにとっても父にとってもシアワセな日々が続いていました。

し☆ら☆み_090530

しらみちゃんと父が出会ってひと月ほど経ったある週末、わたしは実家に戻っていました。
土曜の午前中、仕事をしていた父から家に電話がありました。

『しらみが死んだ。』と。

午前中の仕事を終え、家に帰ってきた父の車に
毛布に包まれたしらみちゃんがいました。
のぞこうとしたわたしと母に、父は『見るな。』と言いました。

しらみちゃんは道で寝転んでいるところをトラックにひき逃げされたそうです。

父の声はショックのせいか、こもったような声でした。
うまく声が出せていませんでした。

しらみちゃんを八事斎場に連れて行くことにしました。
(八事斎場は公営の斎場で、人間だけでなく動物の火葬も行ってくれます。)

スーパーに行き、ダンボールをもらい、その中にしらみちゃんを入れ、連れて行くことになりました。

わたしも母もしらみちゃんの姿はみていません。
毛布に包まれている状態のしらみちゃんを父はそっとダンボールに入れふたを閉じました。

そのまま八事斎場に行きました。
受付の人に動物を火葬してくれる場所を聞き、そこに向かうと、
家庭用倉庫のようなものがありました。
その倉庫の中にしらみちゃんを置いていきました。
とても苦しかったです。
しらみちゃんを置いていくこともですが、置いていくところが倉庫、ということも
とても苦しいことでした。

決まった曜日にみんな一緒に火葬するそうです。
火葬の日までしらみちゃんはその倉庫の中にいなくてはいけないんだと思うと
申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

結局どうすることもできないため、しらみちゃんに別れを告げわたしたちは帰宅しました。

父は長い間、声がうまく出ないようでした。

しらみちゃんの話はそれ以降出さないようにしていました。

数ヵ月後、父が自分からしらみちゃんの話をしました。
『夢にしらみが出てきて、白くキレイになってた。』って。

どうやら『しらみ』という名前は、『白美:白く美しくなりますように。』
という気持ちも込められていたようです。

父があずきとの生活を許してくれたのは、しらみちゃんが長く生きられなかった分
あずきにシアワセになってほしいという気持ちがあったんじゃないかと思っています。


しらみちゃんが生きている頃、父は動物病院に何度もしらみちゃんを連れて行っていました。
駆虫と予防接種のために。

そのときの動物病院のカードに
病院側が決めた誕生日が記されていて6月1日となっていました。

あずきが生まれたのは5月末くらいだと動物病院に言われたのですが、
そのときしらみちゃんの誕生日を思い出し
あずきの誕生日もしらみちゃんと同じ6月1日に決めました。

明日がしらみちゃんとあずきの誕生日です。

あずきがしらみちゃんの生まれ変わりだとは思っていませんが、
あずきに引き合わせてくれたのはしらみちゃんの力もあるのではと思っています。

しらみちゃん、天国であずきと同じようにシアワセを感じてくれているかな。

それとも、もう生まれ変わってどこかでシアワセに暮らしているかな。

Pht1005131321_090530.jpg


最近、長い文章ばかりですみません。
6月1日が来る前に『あずきとねぇやのなれそめ。』を完成させておきたかったのです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。


☆ランキングに参加しています☆
★ぽちん♪と押していただけるとうれしいです★

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
あずきなねこ。


スポンサーサイト
Posted by ねぇや
comment:2   trackback:0
[あずきとねぇやのなれそめ。

thema:猫のいる生活 - genre:ペット


comment
これまた言葉にしづらい寂しいエピソードですね…

でもでもあずきちゃん誕生日おめでとう^^
白美ちゃんも^^

p.s
おとうさんなかなか渋めの男前ですね。
あの携帯初めてでtv電話してきた方と同一人物だとは思えない…(汗)
2009/06/01 00:16 | URL | edit posted by morris
morris さん♪
コメントありがとうございます♪
しかも誕生日迎えてすぐのおめでとうのお言葉!!!
ありがとうございます(o^-^o)
あずきは喜んでお風呂場でお水飲んでます!
白美ちゃんも喜んでいます♪

おとうさんは渋いというかなんというか、
不器用というか、乱暴というか、
でも、抜けてるところが多々あります(ー)
tv電話はきつく言っときました!

2009/06/01 00:31 | URL | edit posted by ねぇや
comment posting














 

trackback URL
http://akazukidesu.blog26.fc2.com/tb.php/73-cf363eab
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。