三毛猫のあずきとお世話係のねぇや+とりまきのお話。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ねぇや
 
[スポンサー広告
あずきとねぇやのなれそめ。~2004年7月2・3・4日のこと~
前回までの記事
→あずきとねぇやのなれそめ。~2004年6月23日のこと~
→あずきとねぇやのなれそめ。~2004年6月24日のこと~
→あずきとねぇやのなれそめ。~2004年6月25・26日のこと~


2004ねん7がつ2にち

この日、仕事が終わった後実家に帰ることになっていた。
実家に帰るには電車で40分+お迎えの車で15分くらいかかる。
コネコを連れて行くのははじめてだ。

コネコを保護したことは実家の母に電話で伝えていた。
母から父に話をしてくれ、父は『ばっかだなー。』と言ってそれ以上コネコのことは何も言わなかったそうだ。

購入しておいたハムスター用のキャリーケースにコネコを入れ連れて行った。
電車中、意外にもコネコはおとなしかった。
駅を降りると父の車がすでに待っていた。
いつもは助手席に乗るけどコネコがいて荷物が多かったため
『ネコいるから後ろに乗るわ~』と言って後部座席に乗った。
父がネコ嫌いということを知っていたので何を話していいかわからず気まずい空気のまま家に着いた。

実家には当時プードルが4ワンいた。
コネコはまだ予防注射も打っていない状態だったうえ
お腹の虫がすべて駆除されたか不明だったため
コネコのためにもワンコのためにも家に着いてすぐ2階の弟の部屋に連れて行った。

すぐ母も2階に来た。
母は子供の頃、何度もネコと一緒に暮らしていて無類のネコ好きである。
コネコを見てすごく喜んでいた。
『うのちゃんに似てる!!』とか
『足長いね~。』とか
もちろん『かわいい!!!』なんて言いながら遊んでいた。

その日は弟の部屋でコネコを寝かせてもらうことにした。
実は実家に帰るとわたしの部屋はなく、いつも父と母と同じ部屋で寝ている。
他の部屋は兄や弟(二人)の部屋となっていた。

04-07-03_15-10_090530.jpg


2004ねん7がつ3にち

朝、弟にコネコが夜中どうだったか聞いた。
鳴くしオシッコもらすし寝てるとジャレてくるしで大変だったらしい。。

その日父は仕事だったため昼間、こそっとコネコを1階に連れて行った。
触れない程度の距離を保ってわんこと近付けさせた。
わんこはすごく興味津々でコネコに近付いた。
特にジェリー(♀)というコは、自分が出産した子犬と離れてそんなに日にちがたっていなかったため
自分の子供じゃないかとでも思っているようにコネコに近付こうとしていた。
コネコのまわりをぐるぐる回ったり、他のわんこが近付こうとすると怒ったり。
独り占めしたいキモチが伝わってきた。
コネコはどうしていいかわからないようだった。

04-07-03_08-23~00_090530 04-07-03_10-42_090530.jpg

父が帰って来る前にコネコはまた2階の弟の部屋に連れて行った。

夜、父がわたしに『ネコ連れて来い。』といった。
それまでコネコの話題はわたしも父も口にしていなかった。
わたしは『ヤッタ♪』と思いながらコネコを2階から1階のリビングに連れて行った。
わんこはみんなそれぞれのハウスに入れられていた。
父にコネコを渡すと優しくなでながら『お金もかかるし、大変だぞ。』と言った。
わたしはコネコを誰かにもらってもらおうと思っていることを伝えた。
でもたぶんわたしがコネコとこれからも一緒に暮らしたいって思い始めていることを父は気づいていたと思う。
父は『育てるなら、小さく丈夫に育てろよ。』と言った。
まさかネコ嫌いの父からOKが出ると思っていなかったので
ビックリしたがすごくうれしかった。

04-07-04_12-02_090530.jpg


2004ねん7がつ4にち

この日わたしとコネコは鶴舞の家に帰ることになっていた。
父、母、わんこと一緒にわたしとコネコも車に乗り込み家まで送ってもらった。

車中、ジェリーがコネコをすごく気にしていた。
キャリーケースに入っているコネコがかわいそうに思ったらしく
キャリーケースのふたを開けようとカリカリカリカリやっていた。

無事家について、コネコはいつもの我が家に安心したようだった。
いつもの、と言ってもまだ10日程しか住んでいない家だけど、
すでにコネコにとって安心できる場所になっていたようだ。

04-07-04_21-42_090530.jpg


その数日後、コネコと一緒に暮らしていくことを決意した。
父からOKが出たことも大きいが、
コネコと一緒に時間を過ごすうちにどんどん惹かれていき
離れたくないというキモチが強くなったからだ。

そのコネコはあずきという。
出会ってからもうすぐ5年になるが父の期待には半分応え、半分裏切った。
『大きく丈夫に』育っている。


以上があずきとねぇやのなれそめです。
長い文章を最後まで読んでくださりありがとうございました。
実は番外編もあります。


番外編はまた今度。。。


☆ランキングに参加しています☆
★ぽちん♪と押していただけるとうれしいです★

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
あずきなねこ。


スポンサーサイト
Posted by ねぇや
comment:4   trackback:0
[あずきとねぇやのなれそめ。

thema:猫のいる生活 - genre:ペット


comment
こんばんわ。
ハムスター用のキャリー(*^^*)ちっちょかったんですもんね。
私も最初チワワ用のバッグにサクラ入れてたのに、すぐ、入らなくなりました(;^_^A
お父様も同じ動物を愛する方、理解に言葉は要らなかったですね、素敵なお父様だと思います。
アズキちゃんの無邪気さとそれを見守るジェリーちゃん、めっちゃかわええわぁ(●´ω`●)
猫に歴史有り。
2009/05/30 23:33 | URL | edit posted by サクラのオカン
サクラのオカンさん♪
いつもコメントありがとうございます♪
ちっちゃかったです~!
このときの体重425gでした。
サクラちゃんのプロフィールに、体重3.8kgって書いてあったけど
あずきのが重いです。。。前計ったとき4.4kgでした。。。
あずきとジェリーのからみ、本当にかわいかったです~(*´∇`*)
2009/05/31 00:35 | URL | edit posted by ねぇや
へ~
あずきちゃん^^

5年も前の出来事か~…

あれ?なんだろ、言葉が軽くなりそうでなにも打てない…

文字の運びがおじょうずですね~
しっかり入り込んで一気に読んでしまいましたよ~^^

ハートマークはこの時からしっかりあるんですね~
きゃわいい^^
ジェリーちゃんも優しくてかわいい^^
2009/05/31 03:39 | URL | edit posted by morris
morris さん♪
コメントありがとうございます♪
長い文章ですみません。。
おじょうず、だなんて、うれしいです(*^-^)
ありがとうございます☆

そうなんです、あずき、もう5年になるんです!
ハート、ちゃっかりあるんですよ♪(* ̄ー ̄)v
ジェリー、優しかったですね~(*'-'*)
今はあずきに会ってもこんなふうに見守ったりしないですけどね。。。
2009/05/31 09:10 | URL | edit posted by ねぇや
comment posting














 

trackback URL
http://akazukidesu.blog26.fc2.com/tb.php/32-06fe6079
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。